「そば」ほど繊細な食べ物はありません。

たとえ同じそばの実(玄そば)を使っても、

粉の挽き方、つなぎの割合、打ち方などで、

まったく違うものが出来上がるからです。

だから、本むら庵はそばのすべてにこだわります。

自社で低温保存している国内産の良質な玄そばを

その日打つ分だけ石臼で挽く。

挽いたそば粉の状態や季節、その日の天気をも考えながら、

つなぎの割合を変え、丹精込めて手打ちにする…。

本むら庵のそばづくりにマニュアルはありません。

すべてはお客様に極上の「そば」を

召し上がっていただくために。

明日は、もっと美味しい「そば」を求めて、

本むら庵の「そば」へのこだわりは続きます。